映画批評シネオジ・『すべてが変わった日』で考える家族問題・本当の勇気とは?
映画批評シネオジ・『すべてが変わった日』で考える家族問題・本当の勇気とは?
映画批評シネオジ・『すべてが変わった日』で考える家族問題・本当の勇気とは?
PROGRAM.C017

映画批評シネオジ・『すべてが変わった日』で考える家族問題。そして、本当の勇気とは?

ダイアン・レインとケビン・コスナー主演の『すべてが変わった日』を評論!
「倉本聰がスリラー映画を書いたような」「黒沢清作品のような日常に潜む悪」「日本版キャッチコピーに異議あり!」「弱い人が弱い存在を守らなければならない時に必用なの武器は勇気!」「現代でホームドラマを描きづらい要因とは?」などなど。


すべてが変わった日

「マン・オブ・スティール」でも夫婦役で共演したダイアン・レインとケビン・コスナーが、不幸の連鎖によって危険な場所に連れ去られてしまった孫の救出のために立ち上がる夫婦を演じるスリラー。1963年、元保安官のジョージ・ブラックリッジと妻のマーガレットは、不慮の落馬事故により息子のジェームズを失ってしまう。3年後、未亡人として幼い息子のジミーを育てていた義理の娘のローナは再婚するが、相手のドニー・ウィボーイは暴力的な男だった。ドニーは、ローナとジミーを連れてノースダコタ州の実家に転居し、そのことを知ったマーガレットは、義理の娘と孫を取り戻すことを決意する。しかし、ジョージとマーガレットを待ち受けていたのは、暴力と支配欲でウィボーイ一家を仕切る異様な女家長のブランシュだった。「ファントム・スレッド」のレスリー・マンビルのほか、ジェフリー・ドノバン、ブーブー・スチュワートが脇を固める。監督は「幸せのポートレート」のトーマス・ベズーチャ。

2020年製作/113分/PG12/アメリカ
原題:Let Him Go
配給:パルコ


「元ファッション業界の重役という異色の経歴のトーマス・ベズーチャ監督」

「巧妙な虐待問題というがリアリティがある」

「1950年代から児童虐待の問題は、共有されたいたのだろう」

「ケビン・コスナーとダイアン・レインの夫婦が、イサヤマさんは自分の両親にオーバーラップ」

「感動家族ものから、サイコスリラーへ!日常に潜む悪というのが、黒沢清作品のよう」

「家族問題は面倒くさい!」

「サマーウォーズは、家族の素晴らしさを取り上げた映画。」

「鈴木敏夫氏曰く、「家族なんて、よく面倒くさいものテーマにしたね。」」

「『渡る世間に鬼ばかり』がヒットしたのは、家族が面倒くさいから」

「エノサワさんは、面倒くささ返し!で対抗する」

「自分の息子の嫁が再婚した相手の家族が、サイコパス殺戮一家だった!という映画」

「家族問題は、第三者や公共機関が入りにくい、自分で解決しなければならない問題」

「行き過ぎた正義が、狂気を呼ぶ」というキャッチコピー?」

「孫を助けに行くには、行き過ぎた正義なのか?」

「自分が不利な状況にあっても、相手の懐に飛び込んで行かなければいけない。その時に必用なのは勇気。」

「弱き人を助けることは強く生まれたものの責務です(鬼滅・煉獄杏寿郎)」

「弱い人は、弱い人を助けなくていいのか?弱い人を助けるために、強くあらねばならない」

「ダイアン・レインは、勇気を振り絞り、殺戮ウィボーイ一家に乗り込んでいく。それがヒーローたる所以。」

「『すべてが変わった日』のタイトルは、テーマにあっているのか?」

「倉本聰がスリラー書いた、『北の国から』がスリラー映画になったような深いテーマ!」

「橋田壽賀子先生も、今の時代ホームドラマは難しくなってきたと」

「エノサワさんは、『渡る世間に鬼ばかり』や、『大草原の小さな家』も大好き」

「山田洋次監督の『家族はつらいよ』シリーズは最高だった!」

「現代日本は、家族関係が希薄になっているから、実感しにくいテーマなのか?」

「「氷河期世代が結婚できない」社会の現れもあるのでは?」

「『万引き家族』に代表される、児童虐待や貧困問題の方が身近なのかも」

「赤木春恵さんのようなお姑さんと同居しているケースは少ないのでは?」

「毒親問題映画も多い」

「ケビン・コスナーとダイアン・レインの夫婦が、本当に長年連れ添った夫婦のような演技だった」

映画批評シネオジ・『すべてが変わった日』で考える家族問題。そして、本当の勇気とは?

バナー

MP3 DOWNLOADMP3 ダウンロード

映画批評シネオジ・『すべてが変わった日』で考える家族問題。そして、本当の勇気とは?

SHAREシェア

CATEGORYカテゴリ

TAG CLOUDタグクラウド

CM おもちゃ お便り お笑い アイドル アクシデント アニメ アプリ エロ ガジェット ガンダム グルメ ゲーム タバコ テレビ トレンド ドラマ ヒーロー マンガ ラジオ ロケ 人生 人生相談 仕事 冠婚葬祭 出産 告知 大人のマナー 女子 小説 恋愛 旅行 映画 歴史 海外 演劇 特撮 番外編 相談 社会 育児 読書 電車 音楽 風俗

YEARLY ARCHIVE年別アーカイブ

SEARCHコンテンツ検索

TWITTERツイッター

INSTAGRAMインスタグラム

ABOUTラジオジについて

毎週日曜放送中!! 30代オジサン初心者3人によるポッドキャストラジオ。仕事、恋愛、サブカルから身近にあった馬鹿話等を和気あいあいと話しています。

  • イサヤマ

    千葉県出身。ラジオジのメイン司会。気が優しく顔がデカイ、映画とラジオ好きオジサン。

  • ミヤーマ

    千葉県出身。ラジオジのボケ担当?酒とパンクロックを愛する態度のでかいオジサン。生まれてから、太り続けている。

  • タカさん

    千葉県出身。ラジオジのガジェットとエロ担当。ロンバケとスマホと恋バナが大好きな永遠の青春オジサン。

CONTACT USお問い合わせ

ラジオジでは番組に対するおたより、メッセージを募集しております。
投稿者には、もれなく番組オリジナルグッズもプレゼント!

番組に相談や感想のお便りをくださった方に漏れなく『ラジオジ特製オリジナル缶バッヂを』プレゼント致します!ご希望の方は、メールに送付先のご住所を頂ければ、そちらへ無料でお送り致します。番組へのご意見やコメント、取り上げて欲しいテーマや、『相談オジサン』コーナーへの身の上相談などなど、どしどしお送りください。

※おところや電話番号など個人にかかわる情報が番組を作る目的以外に使われることはありません。